初めて聞く借地権

Pocket

親が亡くなって、借地権を相続することになったが借地権という言葉も初めて聞いたし、どのような権利なのかよくわからない…戸惑う方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

借地権借地権とは「土地を借りる権利」です。他者の土地を借り、その土地に家などを建てることができます。土地を所有し、その土地を貸す人を専門用語で「地主」と呼び、土地を借りる人を「借地権者」と呼びます。借地権者は結んだ契約に従って地主に「地代」と呼ばれる土地の使用料を支払うシステムになっているのです。借地権には、地上権と賃借権の2種類があります。地上権を場合はその土地にある建物を第三者に貸したり売却したりすることができますが、賃借権の場合は、第三者に貸したり売却したいときにその土地を所有する地主の同意を得る必要があります。

この借地権に関する法律のことを「借地借家法」といいます。この借地借家法は1992年(平成4年)8月1日に施行された比較的新しい法律で、この新しい法律の施行日以前から存続している借地権については、廃止になった「借地法」という旧い法律が適用されます。

つまり、借地権をよく理解するためには、「借地法」という旧い法律と「借地借家法」という新しい法律の2つの違いをよく理解する必要があるのです

このサイトでは旧い法律の「借地法」を旧法、そして新しい法律である「借地借家法」を新法と表し、この旧法と新法の違いを比較しながら、借地権についてわかりやすく説明をさせていただきたいと思います。